病気だけでなく本気で、人間と向き合う。

あなたによりそう3つの医療

高齢化が進み、病をかかえたまま生活を送る人が増えています。

そんな現代で求められている医療とは、
治す医療だけではなく『治し、支え、寄り添う医療』が大切だと私たちは考えています。

命を救うだけではなく、その人自身が健康寿命を全うできるように支え、寄り添うこと。

それが私たち大分中村病院の目指す医療です。

  • 命によりそう

    命に
    よりそう

  • 人によりそう

    人に
    よりそう

  • 地域によりそう

    地域に
    よりそう

大分中村病院の理念

医療による社会貢献

大分市中心部の「総合救急・急性期病院」として、誠実な質の高い医療を提供する一方、地域内の医院や慢性期医療機関、介護施設、障害者施設などと密接に連携し、救急から慢性期、介護まで対応可能な「安心」できる地域を創設することで社会に貢献していきます。

Oita Nakamura Hospital One to One 人から人へ医療による社会貢献

大分中村病院の基本方針

01. Global standard

世界標準の医療を志します

住んでいる場所に関係なく、誰もが望めば、東京や、ニューヨーク、ロンドンで行なわれている医療と同じレベルの医療、尊厳ある人生を送るためのサポートを受けることができるべきです。

私たちは、常に切磋琢磨し、弛まず研鑚を積み、大分の皆様に世界標準の医療を提供できる病院を志します。

世界標準の医療を志すイメージ

02. Patient centered

救急・急性期からリハビリテーション・社会復帰まで、切れ目のない温かく誠実で謙虚な市民と並走する医療を提供します

診察の察、“察する”という感性、他者への慈しみを医療人の資質として重視します。どんなに進んだ科学でも人間のすべてを数値化することはできないからです。

患者さまへの支援が、医療と福祉、ふたつの制度の枠によって分断されないソーシャルインクルーシブな社会を目指し、救急から急性期、リハビリテーション、社会復帰までシームレスな医療を担う当院と他の医療機関や福祉施設とが連携する“地域内完結型の医療システム”を構築します。

市民と並走する医療のイメージ

03. Professional ethics

プロフェッショナルとしての誇りとモラルを持って行動します

プロフェッショナルとは「常に最高レベルの良質の医療サービスを地域に提供する」と決意した人材です。

私たちは、プロの誇りに値する“社会貢献”という崇高な使命に、「少しでも前に進む」を胸に刻み全員でチャレンジしています。

プロフェッショナルとしての誇りとモラルを持って行動するイメージ

04. Team spirit

一致団結して患者さまの救命・治療・QOLに全力を傾けます

「信頼され選ばれる地域オンリーワン病院」を達成するためには、ひとり一人の専門職が力をつけること、外来・病棟、救急、リハビリテーションなど各専門部署が力をつけること、さらに、多職種協働により、パワーアップし「大分中村病院」として調和することが必要です。

私たちは、一致団結して患者さまの救命・治療・社会復帰・QOLに全力を傾けます。

一致団結のイメージ
View more