大分中村病院   RETUNEHOME

大分中村病院の最新の情報や話題をいち早くお伝えするページです。

第32回大分国際車いすマラソン大会で医療サポート


10月28日(日)、第32回大分国際車いすマラソン大会が開催され、フルマラソン・ハーフマラソンの両部門に国内から210選手、海外13か国から41選手の計251選手が出場しました。

阿部尚子看護師(右)と衛藤隼人准看護師(左)
昨年は終始雨の降る最悪なコンディションでしたが、今年はさわやかな秋晴れの中、選手たちは沿道から大きな声援を受けて白熱したレースを繰り広げました。大分中村病院からはロンドンパラリンピックにも医療班で参加した阿部尚子看護師と衛藤隼人准看護師の2名が、選手のケガや緊急事態に備える為に大会医療スタッフとして参加しました。また中村理事長は大会委員、事務長の後藤昌一はマラソン審判長を務めました。
時速30キロを超えるというスピードでレースに挑むトップレベルの選手から、自己記録に挑戦する選手など、大会には多くの選手が出場します。選手たちは常に接触や転倒といったリスクと背中合わせの状態でレースに挑みます。今回医療班として参加した大分中村病院の看護師たちは、そんな選手たちが安心してレースに臨めるよう全力でサポートに努めました。
私たち大分中村病院は、大きな感動を与えてくれるこの大分国際車いすマラソン大会を、今後も多くのボランティアの方と共にサポートしていきたいと考えています。


(制作室)


2012年11月08日(木) No.738 (障害者スポーツ)

No. PASS

Powerd by shiromuku(fs6)DIARY version 1.81

サイトマップ推奨環境免責事項個人情報

社会医療法人恵愛会 大分中村病院
〒870-0022 大分県大分市大手町3丁目2番43号
TEL:097-536-5050 FAX:097-537-0164
http://nakamura-hosp.or.jp/

Copyright 2004 Oita nakamura hospital. All rights reserved.