大分中村病院   RETUNEHOME

大分中村病院の最新の情報や話題をいち早くお伝えするページです。

骨粗鬆症リエゾンサービス主催
「第4回ほねっとわーく」を開催


1月13日(土)、当院1階リハビリテーションセンターにて、骨粗鬆症リエゾンサービスによる「第4回ほねっとわーく」を開催しました。
「骨粗鬆症リエゾンサービス」とは、医師と医師以外のメディカルスタッフが相互に連携しながら実施する骨粗鬆症の予防と治療および骨折防止の取り組みのことです。当院では現在、日本骨粗鬆症学会認定医の田北親寛医師(脊椎外科部長)を中心に、多職種で構成された骨粗鬆症リエゾンチームが様々な取り組みを行っています。
今回のほねっとわーくは、骨粗鬆症リエゾンマネージャーの谷口純平理学療法士と河野瑠璃作業療法士が「ストップ、骨折!!〜もう転ばないために〜」をテーマに講演を行いました。骨粗鬆症はいまや国民病であり、70代女性の2人に1人が骨粗鬆症といわれています。要支援・要介護になる要因の第1位に挙げられるのが、骨折や転倒、関節疾患といった「運動器の障害」によるもので、骨粗鬆症による骨折もこれに該当します。そういった現状を踏まえ、講演では転ばないための生活環境作りや工夫、転ばないための身体(骨)作りなど、実際に運動の実演なども行いながら詳しく説明しました。
今回のほねっとわーくには、入院患者さんとそのご家族合わせて25名の参加があり、参加者からは「説明が分かりやすかったです」「とても参考になりました」「参加してよかったです、また参加したいです」などの感想をいただきました。今回の開催を踏まえ、骨粗鬆症リエゾンサービスでは今後も啓発活動を続け、もっともっと多くの人に骨粗鬆症について理解してもらえるよう努めて参ります。



(広報企画 羽田野)


2018年01月30日(火) No.1055 (イベント・行事)

No. PASS

Powerd by shiromuku(fs6)DIARY version 1.81

サイトマップ推奨環境免責事項個人情報

社会医療法人恵愛会 大分中村病院
〒870-0022 大分県大分市大手町3丁目2番43号
TEL:097-536-5050 FAX:097-537-0164
http://nakamura-hosp.or.jp/

Copyright 2004 Oita nakamura hospital. All rights reserved.