大分中村病院   RETUNEHOME

大分中村病院の最新の情報や話題をいち早くお伝えするページです。

第38回バイオメカニズム学術講演会にて中村理事長が講演


11月4日(土)〜5日(日)の2日間、別府市のビーコンプラザにて、「第38回バイオメカニズム学術講演会」が開催されました。
この講演会で中村理事長は『No charity,but a chance! 障がいをサイエンスで補う−太陽の家の挑戦』をテーマに特別講演を行いました。特別講演の座長には、本会の実行委員長であり、大分大学医学部整形外科教授の津村 弘先生が務めました。
本会を主催するバイオメカニズム学会は、1966年に発足された「人工の手研究会」が源流で、その後、対象がヒトのみならず生物の形態・運動・機能の関係にまで発展したため、1973年に「バイオメカニズム学会」と改称されています。『バイオメカニズム』は、生体の形態・運動・情報およびそれらがもたらす総合的な機能を多面的に分析し、そこから得られた発想を様々な分野に応用することを目的に作られた言葉です。
特別講演では、「太陽の家」とその共同出資会社(オムロン太陽株式会社、ソニー・太陽株式会社、ホンダ太陽株式会社、三菱商事太陽株式会社など)において、障がい者の就労支援のためにどのような形で科学技術が応用されているのかを、様々な障がいのケースを例に分かりやすく講演しました。中村理事長は「各人の残存機能を最大限に生かし、なおかつ、足りない所をサイエンスで補う。多様性を認める『ダイバーシティ』、孤立を防ぐ『ソーシャルインクルージョン』が、これからの日本には必要である」と語りました。
講演終了後、特別講演に対する表彰が行われ、実行委員長の津村教授から中村理事長に感謝状が授与されました。

(広報企画 羽田野)


2017年11月08日(水) No.1036 (学術活動::講演・講義)

No. PASS

Powerd by shiromuku(fs6)DIARY version 1.81

サイトマップ推奨環境免責事項個人情報

社会医療法人恵愛会 大分中村病院
〒870-0022 大分県大分市大手町3丁目2番43号
TEL:097-536-5050 FAX:097-537-0164
http://nakamura-hosp.or.jp/

Copyright 2004 Oita nakamura hospital. All rights reserved.