大分中村病院   RETUNEHOME

大分中村病院の最新の情報や話題をいち早くお伝えするページです。

第55回日本糖尿病学会九州地方会にて2演題発表


10月13日(金)・14日(土)の2日間、宮崎市のフェニックス・シーガイア・リゾートにおいて「第55回日本糖尿病学会九州地方会」が開催されました。


(左)山田希実子臨床検査技師
(右)竹内由美臨床検査技師
当院からは、臨床検査部の山田希実子が「自己血糖測定器変更に伴う使用感調査と2機種の精度管理の比較検討」を、竹内由美が「自己血糖測定器・穿刺針変更に伴う2機種の患者における使用感調査」をテーマに発表を行いました。

今回発表した2演題は共に、今年1月に実施した自己血糖測定器及び穿刺器具の変更に伴い、外来患者さまや病棟看護師に対しての使用感調査や精度管理の比較検討等、変更後の機種の有用性を検討したものでした。
発表した竹内臨床検査技師は「院内の自己血糖測定器の変更に伴い、患者さまにアンケート調査を行った結果、様々な声を聞くことができ、今回の発表のみならず今後の療養指導に活かせる内容となり大変有意義なものでした」と話しました。また、山田臨床検査技師は「発表後、九州糖尿病看護研究会主催の交流集会『第2回透析予防プロジェクト九州全域で取り組む』に参加し、透析予防の取り組みについて意見交換を行うことができました。それぞれの立場から問題点が出され、当院でこれから取り組むべき課題がみえてきました。」と話しました。

今回の九州地方会は、「糖尿病診療は今、新たなるステージへ」をテーマに開催され、年々進歩を続ける糖尿病の検査や治療に関する最新の情報を交換する良い機会となりました。今後も豊富な臨床経験をベースに研究・研鑚を続け、科学的な根拠に基づいた、患者さまが安心・信頼できる質の高い医療を提供して参ります。



(広報企画 羽田野)


2017年11月02日(木) No.1034 (学術活動::学会発表)

No. PASS

Powerd by shiromuku(fs6)DIARY version 1.81

サイトマップ推奨環境免責事項個人情報

社会医療法人恵愛会 大分中村病院
〒870-0022 大分県大分市大手町3丁目2番43号
TEL:097-536-5050 FAX:097-537-0164
http://nakamura-hosp.or.jp/

Copyright 2004 Oita nakamura hospital. All rights reserved.