大分中村病院   RETUNEHOME

大分中村病院の最新の情報や話題をいち早くお伝えするページです。

第6回 がんサロン『太陽のカフェ フィーカ』開催


5月20日(土)当院6階研修室で、第6回がんサロン『太陽のカフェ フィーカ』が開催され、患者さんやご家族、スタッフなど約30人が参加しました。
当院がんサロンの名称『フィーカ(Fika)』は、気心の知れた仲間や家族、そして親しい友人らとともに自由なスタイルでお茶、コーヒーなどを飲みながらおしゃべりする「くつろぎの時間」のことで、北欧において最も大切にされている時間や場所を意味しています。
まず始めにリハビリテーション部の河野百子作業療法士による「棒を使った体操」で体をほぐした後、株式会社スヴェンソンの河津英子毛髪技能指導士が「治療による脱毛ケアのポイント」をテーマに講演しました。この中で河津さんは「抗がん剤の投与期間中に毛髪が抜ける場合、帽子やヘアキャップをうまく使うと良い」や「脱毛の量が気にならないように、もともと地毛を短くカットするのも一つのアイディア」といったお話の後、当院スタッフをモデルにウイッグの実演を行いました。会場からはウイッグ着用について「雰囲気が変わって若々しくなりますね」といった感想が寄せられていました。
この後、ピアニストの足立栄さんと石飛裕和医師の演奏に合わせて、平松浩子さんによる歌の披露があり、参加者は歌詞カードを手に「懐かしのメロディー」を一緒に口ずさんでいました。また、ティータイム(自由雑談)では、参加者がそれぞれテーブルに分かれ和やかな雰囲気の中、最近の出来事などを順番に話していきました。
アンケートでは、「皆さんの笑顔にふれ、改めて残された人生を楽しもうと思った」や、「生演奏のBGMがとても良かった」などの感想を頂きました。今後も当院のがんサロンに参加される患者さんやご家族にとって、『太陽のカフェ フィーカ』がとても大切な時間、そして特別な場所になるよう、スタッフ一丸となって努力してまいります。
次回の開催は、7月15日(土)13:00〜15:00を予定しています。当院の患者さん以外でも参加できます。お気軽にお問合せください。

≪問い合わせ先≫ 大分中村病院 診療サポート
097-536-5050(内線502)担当 神田


棒を使った体操

河津英子さんによるウイッグの実演

ティータイム(自由雑談)の様子

平松浩子さんによる歌の披露

※写真は患者さまの同意を得て掲載しています


(広報企画 村上)


2017年05月25日(木) No.1005 (イベント・行事)

No. PASS

Powerd by shiromuku(fs6)DIARY version 1.81

サイトマップ推奨環境免責事項個人情報

社会医療法人恵愛会 大分中村病院
〒870-0022 大分県大分市大手町3丁目2番43号
TEL:097-536-5050 FAX:097-537-0164
http://nakamura-hosp.or.jp/

Copyright 2004 Oita nakamura hospital. All rights reserved.