大分中村病院   RETUNEHOME

大分中村病院の最新の情報や話題をいち早くお伝えするページです。

ととろの森うめキャンプ村で救命救急講習会を開催


ゴールデンウィークを前にした4月23日(月)、佐伯市宇目の「ととろの森うめキャンプ村」職員7名を対象に、救命救急講習会を開催しました。
「道の駅 宇目」に隣接する「ととろの森 うめキャンプ村」は、周囲を豊かな自然に恵まれ、ゴールデンウィーク期間や夏休みを中心に、多くの宿泊客が訪れます。宿泊客に万一のことがあった場合に備えようと、今回の救命救急講習会が企画されました。
午前10時30分からおよそ1時間半をかけ、瀧本理医師(脳神経外科副部長)と岩坂淳子看護師(東3病棟師長)のインストラクター2名が、心肺蘇生法やAED(自動体外式除細動器)の使用について実技講習と指導を行いました。受講者からは「そんなに強く押しても(胸骨圧迫を行っても)大丈夫ですか」「川に落ちて、体が濡れてしまった場合はどうするのですか」など活発な質問が相次ぎ、普段触れることのないAEDの使用についても、自信が持てた様子でした。当院スタッフにとっても、「キャンプ村」という環境にあっては、受講者のニーズも工場や院内とは異なることを認識させられ、意義ある講習会となりました。
当院と「ととろの森うめキャンプ村」との距離は約60km。大分市以外でこうした講習会を開催するのは初めてのことです。60kmの距離を超え、今回の開催に至ったのは、「企業とNPO等のおおいた協働ひろば」出展がきっかけです。1月26日(木)トキハ会館で開催されたこのイベントは、NPO法人大分研究所が事務局となり大分県が主催したもので、当院を始め48のNPOや企業、社会福祉団体等が出展しました。当院は、これまで実施してきた救命救急講習会や健康講座などCSR(社会貢献)活動についてアピールし、救急法を学びたいという「ととろの森 うめキャンプ村」とニーズがマッチしたため、今回の開催が実現したものです。
当院は大分市中心部に位置していますが、3月の佐伯市米水津宮野浦地区との災害応援協定締結に続き、大分市以外でのCSR活動も徐々に増えてきました。今後も引き続き質の高いチーム医療の実現やインストラクター養成を図り、大分県全体の救急医療や災害医療に貢献してまいります。

大分中村病院大分中村病院
大分中村病院大分中村病院


救命救急講習会のことが「ととろの森のブログ」にも紹介されました!
http://totoro.junglekouen.com/e549208.html

(総務企画部)

2012年05月10日(木) No.717 (勉強会・セミナー等::救命救急講習会)

No. PASS

Powerd by shiromuku(fs6)DIARY version 1.81

サイトマップ推奨環境免責事項個人情報

社会医療法人恵愛会 大分中村病院
〒870-0022 大分県大分市大手町3丁目2番43号
TEL:097-536-5050 FAX:097-537-0164
http://nakamura-hosp.or.jp/

Copyright 2004 Oita nakamura hospital. All rights reserved.