大分中村病院   RETUNEHOME

大分中村病院の最新の情報や話題をいち早くお伝えするページです。

第35回大分臨床消化器研究会で新垣医師が講演


8月8日(月)、大分市医師会アルメイダ研修会館3階において、第35回大分臨床消化器研究会が行われ、新垣淑辰医師(大分中村病院:消化器疾患・内視鏡センター長)が特別講演の講師を務めました。

演題は「ファーター乳頭(※)に対する内視鏡的治療〜EST(内視鏡的乳頭切開術)、EPBD(内視鏡的乳頭バルーン拡張術)から、より安全で確実な内視鏡乳頭切除法まで〜」で、膵・胆道疾患に対する内視鏡的治療を中心に、処置の動画を交えながら約1時間の講演が行われました。

講演した新垣医師が所属する消化器疾患・内視鏡センターでは、消化器内科、外科が一つのチームを組み、他の科とも連携しながら、検査・治療を行っています。また高画質内視鏡をはじめ経鼻内視鏡(鼻から入れるタイプの内視鏡検査)やカプセル内視鏡(カメラが内蔵されたカプセルを飲み込むタイプの内視鏡検査)など、最新の医療機器を用いて経験豊富なスタッフが検査・治療を行いますので、安心して医療を受けることができます。消化器疾患でお悩みの方や検査・治療を希望される方は大分中村病院の消化器疾患・内視鏡センターを受診なさってください。

※ファーター乳頭(papilla Vater)とは、主膵管(膵液の通り道)と総胆管(胆汁の通り道)が合流した共通管が十二指腸下行部に開口している部分のことで、十二指腸乳頭部、大十二指腸乳頭とも呼ばれます。

(制作室)


2011年08月09日(火) No.654 (学術活動::講演・講義)

No. PASS

Powerd by shiromuku(fs6)DIARY version 1.81

サイトマップ推奨環境免責事項個人情報

社会医療法人恵愛会 大分中村病院
〒870-0022 大分県大分市大手町3丁目2番43号
TEL:097-536-5050 FAX:097-537-0164
http://nakamura-hosp.or.jp/

Copyright 2004 Oita nakamura hospital. All rights reserved.