大分中村病院   RETUNEHOME

大分中村病院の最新の情報や話題をいち早くお伝えするページです。

看護部研修会
「ウィン-ウィン(双方が納得いく解決方法)の病床管理」


6月4日(土)当院6階研修室にて、看護部教育委員会主催の研修会を開催。講師に北大阪けいさつ病院看護部長の田中五月先生をお迎えし、「ウィン-ウィン(双方が納得いく解決方法)の病床管理」と題した研修を行いました。
田中先生は病床管理の達人として全国各地においてセミナー講師を務めており、当院で講演をしていただくのは昨年4月に続き2度目となります。研修会には師長・主任看護師を中心に39名の職員が参加しました。

講師の田中五月先生
グループワークの様子
グループワーク後の発表
まず田中先生は、「経営に参画し、病院に貢献するためには経営データの理解が必要。そのためには、いま病院では何が起こっているのか?日本が、医療界が、政治がどう動いているのか?を理解しなければならない。」とし、医療界を取り巻く環境の変化や医療政策・医療経営の変遷について話をされました。また、当院が開院してから今までの変遷を医療政策の変遷と照らし合わせ、どのような時期にどのような病院経営・経営判断をしてきたかを職員に示されました。
研修の後半では「問題解決のためにはまず自分たちで考えてみることが大切」とし、実際にグループワーク形式を取り入れ、それぞれ10分程度ディスカッションし、「現在の病棟でベッドコントロールがうまくいっていない原因はどこなのか」を発表しました。
最後に田中先生より「今回の研修でたくさんの情報を発信しましたが、みなさんそれぞれの立場で受け止めて頂いたと思っています。あとはあなた方自身で1つでも何か心に引っかかったことがあれば取り組んで下さい。そうすれば必ず前に進みます。がんばってください。」と励ましの言葉があり、看護部長の山田は「大変貴重な講演ありがとうございました。この研修をもう一回みんなで振り返って、今後も稼働率や病床コントロール等に関して勉強していきたいと思います。」と挨拶しました。

当院はこれからも患者さんが望む病院へ変化を遂げるため病院組織改革に力を入れ、職員一丸となってチーム医療の推進に努めて参ります。

(制作室)


2011年06月16日(木) No.646 (勉強会・セミナー等::職員講習会)

No. PASS

Powerd by shiromuku(fs6)DIARY version 1.81

サイトマップ推奨環境免責事項個人情報

社会医療法人恵愛会 大分中村病院
〒870-0022 大分県大分市大手町3丁目2番43号
TEL:097-536-5050 FAX:097-537-0164
http://nakamura-hosp.or.jp/

Copyright 2004 Oita nakamura hospital. All rights reserved.