大分中村病院   RETUNEHOME

大分中村病院の最新の情報や話題をいち早くお伝えするページです。

大分中村病院社会貢献
平成18年度「マルハン社会貢献シート」終了!


 12月2日(土)、大分トリニータ VS FC東京戦が開催され、この試合をもって、平成18年度の『マルハン社会貢献シート』が終了しました。
 この企画は、当院と大分FC大分トリニータと共同して進めている『大分FC障がい者・高齢者福祉事業』の「観る」の一環として、今年から2012年までの6年間に渡り、大分県内の障がい者または、65歳以上の方々が、家族・友人とサッカー観戦を楽しんで頂くことを目的に実施してきました。

株式会社マルハンの韓 昌祐会長(右)と大分県肢体不自由父母の会連合会の会員の皆さま
試合の様子
 観戦当日は、芯にこたえる寒さの中、大分トリニータの勇姿をひと目みようと、サポータ−の背番号である13番を誇りに、九州石油ドームを青一色に染めました。また、スポンサーである株式会社マルハンの韓 昌祐会長が九州石油ドームに姿をみせ、試合前のピッチ内に、『大分県肢体不自由父母の会連合会』の会員10名を招待し、『マルハン社会貢献シート』の利用者と束の間のひと時を過ごしました。
 試合は、勢いのあるFC東京を相手に、後半13分、FC東京のパスワークに守備陣が崩され先制点を許し、FC東京の攻撃に苦戦しながらも、要所要所で攻撃をしかけていきましたが、0−1と惜敗しました。不完全燃焼な形でリーグ最終戦を終えましたが、13勝8分13敗(勝点47)と過去最高の8位。過去最終順位に花を添えることは出来ませんでしたが、目標である8位以内に入り、今後へ繋がる結果を残すことが出来ました。
 『マルハン社会貢献シート』の取り組みを開始して、試行錯誤の日々でした。過去にこのような前例がなく、開始当初は、ご利用していただく方々に、「サッカーを通して、家族や友人などを楽しい時間を過ごしていただく事ができるのだろうか?」「そのためには、どのように準備を整えていくべきなのだろうか?」など様々な不安要素がありましたが、『大分県社会福祉協議会』、『大分県障害者社会参加推進協議会』、『大分県手をつなぐ育成会』、『きょうされん大分支部』、『サカたの』、『大分県老人クラブ連合会』『太陽の家』などの団体をはじめ、周囲の方々の多大なご協力のもと、無事終了することができました。
 また、危ぶまれていた株式会社マルハンのスポンサー契約も継続が決定し、『マルハン社会貢献シート』の継続が決まりました。
 来年度以降は、今年の歩みを生かし、日々の積重ねを大切しながら、少しでも多くの障がいのある方、高齢者が地域での生活を楽しんで頂けるように、全力でサポートしていきたいと考えております。
(社会貢献室)

2006年12月06日(水) No.403 (社会貢献活動::LESPO)

No. PASS

Powerd by shiromuku(fs6)DIARY version 1.81

サイトマップ推奨環境免責事項個人情報

社会医療法人恵愛会 大分中村病院
〒870-0022 大分県大分市大手町3丁目2番43号
TEL:097-536-5050 FAX:097-537-0164
http://nakamura-hosp.or.jp/

Copyright 2004 Oita nakamura hospital. All rights reserved.