大分中村病院   RETUNEHOME

大分中村病院の最新の情報や話題をいち早くお伝えするページです。

今を知り、そして未来を見据えて!
上野ヶ丘中学校の生徒11名が当院で職場体験


 上野ヶ丘中学校(大分市)の2年生11名が19日、当院を訪れ、医療の現場を体験しました。
看護師の仕事について説明する
佐藤千鶴子(看護部長)
リハビリテーションの仕事について説明する古原岳雄(リハビリテーション部長)
病棟体験の様子
 これは上野ヶ丘中学校の「進路学習」の一環として、会社や事業所での体験を通して、働くことの意義や仕事の厳しさを学び、自分の生き方について考え、社会生活を営む上での礼儀やルールの大切さを学ぶこと、地域社会の人々と交流を深めることを狙いとして、生徒一人ひとりが、今後の自分自身と向かい合い将来について考える機会を設ける為の企画です。
 実習は、江戸理恵(院長秘書)の案内のもと、午前中に当院6階研修室にてオリエンテーションが行われ、佐藤千鶴子(看護部長)により「看護師の仕事について」、江戸院長秘書のよる『大分中村病院のについて』の説明を行った後、実際に病棟に入り、食事配膳・介助、シート交換などを体験しました。
 午後は、古原岳雄(リハビリテーション部長)から病院におけるリハビリテーションという仕事についての説明を受けた後に、訓練現場に足を運び、実際の治療場面を通して、理学療法・作業療法についての説明を受けました。
 佐藤看護部長からの「将来、看護師になりたいと思っている人はいますか?」という質問に対して、参加した生徒の半数以上が、看護師をはじめ、医者、薬剤師など、医療に関わる仕事につきたいという希望を持っていました。
 終了後の挨拶では、生徒の代表者から「将来、医療の仕事をしたい。この経験を生かして頑張っていこうと思います」と今後の抱負を述べていました。
 今後、今回の実習が、彼ら一人ひとり希望を現実に近づけるきっかけとなり、将来医療を通して、多くの人たちとの関わりを深めていってもらえたらと心から願います。
(広報情報課)

2006年10月19日(木) No.368 (地域交流)

No. PASS

Powerd by shiromuku(fs6)DIARY version 1.81

サイトマップ推奨環境免責事項個人情報

社会医療法人恵愛会 大分中村病院
〒870-0022 大分県大分市大手町3丁目2番43号
TEL:097-536-5050 FAX:097-537-0164
http://nakamura-hosp.or.jp/

Copyright 2004 Oita nakamura hospital. All rights reserved.