大分中村病院   RETUNEHOME

大分中村病院の最新の情報や話題をいち早くお伝えするページです。

スポーツサークル『くすくすクラブ』の設立


 当院では、2002年よりリハビリテーションの一環としてスポーツを導入し、入院及び外来患者さまを対象に、機能訓練、動き作りや地域のスポーツ大会への参加の支援をしています。
 この度、外来でリハビリテーションスポーツに参加している方々が中心となり、スポーツサークル『くすくすクラブ』を設立することになりました。
 サークルのモットーは"いつでも、くすくすと笑顔でスポーツを楽しむこと" です。これは、日常生活では出来ない体験を通すことで心が動き、みずから身体を動かす力を実感し、おのずから身体を動かすことの楽しさを知ることを表現しています。
みなさん、リハビリテーションスポーツに参加当初は、「え、スポ−ツをできるの?」とスポーツをすることに不安を持っていましたが、バランス能力の向上をねらいとしたプログラムやフライングディスク、ボッチャなどの種目を通して、出来ないと思っていたことができるようになり、大会の結果に「あ〜くそ、今回は負けた。次は勝つぞ!」「フライングディスクを40m飛ばせば、全国大会に参加できるのかぁ?」など一喜一憂し、それぞれが自身の可能性に知り、もっと思いっきり身体を動かしたい、どんどん新しいことに挑戦したいという思いから"もっとスポーツを楽しむには、どうしたらいいのだろうか?"と考え、サークル活動を開始することになりました。
 まずは、サークルを通して、スポーツすること自体を楽しみながら、スポーツの技能を高め、7月17日(日)に開催される第20回大分県社会福祉協議会長杯卓球大会に向けて準備をしていきます。

(記事:リハビリテーション部 リハビリテーション体育室 齊藤健夫)
2005年07月14日(木) No.285 (リハビリテーションスポーツ)

No. PASS

Powerd by shiromuku(fs6)DIARY version 1.81

サイトマップ推奨環境免責事項個人情報

社会医療法人恵愛会 大分中村病院
〒870-0022 大分県大分市大手町3丁目2番43号
TEL:097-536-5050 FAX:097-537-0164
http://nakamura-hosp.or.jp/

Copyright 2004 Oita nakamura hospital. All rights reserved.