大分中村病院   RETUNEHOME

大分中村病院の最新の情報や話題をいち早くお伝えするページです。

より高い診断精度が実現
消化管内視鏡検査に最新機器を導入


 この度、当院では、消化管内視鏡診療部門に上部及び下部消化管内視鏡検査機器として最新機器オリンパスの「EVIS LUCERAビデオシステム」を2台導入し、最新医療を提供できるようになりました。この機種は、世界で初めてハイビジョンシステムのビデオシステムを採用したもので、最先端の画像技術により信頼性の高い診断が可能となります。
 特徴としては、この機種は微細な血管や粘膜の表層構造まで高精細な画像を忠実に再現できます。一般的な内視鏡画像では困難であった粘膜のわずかな色彩の変化を効果的に強調することができ、病変の有無などを確認できる可能性が広がりました。ディスク1枚に10,000枚のカラー画像が収録でき、高精度の診断や患者さまへの説明の際に大変効果を発揮します。
 また、ハイビジョン対応CCD採用の高画質を実現できるハイグレードスコープGIF−H260も導入し、先端部の動きがより精度化されているため消化管内部の観察がよりスムーズにできるようになりました。
 現在、当院ではなお一層の最新医療が展開できるよう推進しているところであり、この機器導入により、また1つ医療の充実が図られたことになります。

消化管内視鏡担当医
《内科》 織田 麻奈美
《外科》立花 幸人(副院長・外科部長・救急部長)
安江 和彦(救急部副部長)
渡辺 聡志

(広報情報課)
2004年12月27日(月) No.217 (施設設備)

No. PASS

Powerd by shiromuku(fs6)DIARY version 1.81

サイトマップ推奨環境免責事項個人情報

社会医療法人恵愛会 大分中村病院
〒870-0022 大分県大分市大手町3丁目2番43号
TEL:097-536-5050 FAX:097-537-0164
http://nakamura-hosp.or.jp/

Copyright 2004 Oita nakamura hospital. All rights reserved.