大分中村病院   RETUNEHOME

大分中村病院の最新の情報や話題をいち早くお伝えするページです。

山田みゆきのアテネパラリンピックレポート -NO.7-
競技3日目〜メダルラッシュは止まらない


 競技3日目以降も日本選手のメダルラッシュは止まらなかった。陸上の佐藤京子選手は女子円盤投げと女子砲丸投げ(脳性まひ1/車いす1のクラス)に出場し、共に予選を通過して決勝へ進んだ。
陸上競技場
陸上女子100mで銅メダルの
加藤有希選手
競泳会場
女子100m自由形で銅メダルの
奈良恵理加選手
(金メダルを持つ成田さんの後方)
自転車競技会場のバンク
 この日行われた女子円盤投げでは11.9mの世界新を出すもわずかにとどかず、しかし見事銀メダルを獲得。後日行われた女子砲丸投げでは4位に終わった。競技4日目に行われた女子5000m・車椅子では土田和歌子選手が大会新記録を更新し2個目の金メダル、競技5日目に行われた男子400m・車椅子1では、今大会5000m金メダリストの眦通浩選手が大会新記録を更新し2個目の金メダルを、同じ400mだが車椅子3のクラスに出場した安岡チョーク選手は銀メダルを、女子100m(脳性まひ2のクラス)に出場した加藤有希選手も銅メダルを獲得した。
 競泳の奈良恵理加選手は、大会が近づくにつれ強度のストレスを感じて不眠が続き、医務室へ相談に来た。私たち医療班は水泳部のメンバーと共に彼女のメンタル面のバックアップに力を注いだ。その結果、奈良選手は競技3日目に行われた女子100m自由形(運動機能障害5のクラス)でなんと銅メダルを獲得した。奈良選手は満面の笑みを浮かべながら照れくさそうに私たちにメダルを見せてくれた。また成田選手は女子50m背泳ぎ(運動機能障害3のクラス)で大会新記録を出し2個目の金メダルを手にした。
  さらに次の日は、女子200m自由形(運動機能障害1のクラス)に出場、3分02秒の世界新記録を出し順調に3個目の金メダルを獲得。また男子100mバタフライ(視覚障害1のクラス)に出場した河合純一選手は銀メダル、男子200m自由形(運動機能障害3のクラス)に出場した花田裕治選手と男子100m平泳ぎ(運動機能障害4のクラス)に出場した中村智太郎選手も共に銅メダルを手にした。
 柔道では100堋教蕕裡外矛萃蠕錣播契邨瓢冒手がスペインの選手に勝ち銅メダルを獲得。自転車(トラック)では男子スプリント(視覚障害のクラス)に出場した葭原滋男選手とパイロットの大木卓也選手がオーストラリアとの接戦に競り勝ち銅メダルを獲得した。

 その後もメダルラッシュは続いたが、それを獲得するまでの選手の様子から集中力や心の格闘は計り知れないものがあることは明白だ。やはり、選手のメンタル的なサポートがとても重要であり、この辺が医療班としての課題かもしれない。
(次回へつづく)

2004年11月02日(火) No.360 (障害者スポーツ::アテネパラリンピックレポート)

No. PASS

Powerd by shiromuku(fs6)DIARY version 1.81

サイトマップ推奨環境免責事項個人情報

社会医療法人恵愛会 大分中村病院
〒870-0022 大分県大分市大手町3丁目2番43号
TEL:097-536-5050 FAX:097-537-0164
http://nakamura-hosp.or.jp/

Copyright 2004 Oita nakamura hospital. All rights reserved.