大分中村病院   RETUNEHOME

大分中村病院の最新の情報や話題をいち早くお伝えするページです。

記録的な猛暑が続いています!
大丈夫ですか?熱中症対策


 記録的な猛暑が続く中、熱中症で病院に運ばれる人が全国各地で急増しています。大分市も同様で、当院にもめまいや意識障害、痛みを伴う筋肉のけいれん、吐き気、体温上昇や脱力感など、熱中症の症状で来院される患者さまが増えています。一般的に炎天下での激しいスポーツや仕事中にかかるものと思われがちな熱中症ですが、屋内でも油断は禁物。特に抵抗力の弱い子どもや、暑さやのどの渇きに対する感覚が鈍っているお年寄りは屋内であっても体温が上昇しやすく、死亡率も高いのです。

 熱中症対策として、のどが渇いたと感じる前に適量の水分を補給するようにしましょう。その際、一緒に塩分を取ると体に吸収されやすくなります。また、炎天下や非常に暑い場所に長時間いることは極力避け、涼しい服装を心がけることも大切です。外出する時は帽子をかぶったり日傘をさすようにして、直射日光にあたらないようにしましょう。
 気象庁では8月も気温が平年並みかそれ以上で、晴れる日が多いと予想しています。老若男女、屋内外を問わず少しでも体調不良を感じたら、休憩を入れるなど無理をしないように心がけてください。意識障害を伴うひどい熱中症は、迅速な医療行為が生死を左右するので、自己診断せず近くの医療機関で受診してください。
 熱中症はきちんとした対策をとれば防げる病気です。海や行楽施設へ出かける際に限らず、屋内にいる場合でも十分注意し、今年の夏を思いっきり楽しんでください。
(広報情報課)

2004年08月11日(水) No.167 (健康ページ)

No. PASS

Powerd by shiromuku(fs6)DIARY version 1.81

サイトマップ推奨環境免責事項個人情報

社会医療法人恵愛会 大分中村病院
〒870-0022 大分県大分市大手町3丁目2番43号
TEL:097-536-5050 FAX:097-537-0164
http://nakamura-hosp.or.jp/

Copyright 2004 Oita nakamura hospital. All rights reserved.