社会医療法人恵愛会 大分中村病院

文字サイズ

消化器センター

従来の枠組みにとらわれない、よりシームレスで総合的な診療を目指して

消化器センターは、センター長の石飛裕和医師を中心に、消化器内科医師1名、外科医師4名の合わせて5名の充実した診療体制となっております。
内科・外科といった従来の枠組みにとらわれず、内科医、外科医が連携し、各々の専門分野を活かしながら、よりシームレスで総合的な診療を目指します。
また内視鏡検査・治療に関しましては、内科医・外科医で協力した体制を整えており、消化器内科医、外科医が一体化して機能することにより、消化器診療としての質をさらに向上させ、多くの消化器病患者さんのために充実した診療を行えるよう努めて参ります。

消化器内科

消化管(食道、胃、小腸、大腸)、胆道系(胆嚢、胆管)、膵臓の消化器疾患に対して、内視鏡検査・治療を中心とした診療を行っております。上部消化管・下部消化管内視鏡検査では、患者さんの負担軽減を重視しており、腹部超音波、CT、MRIによる検査も迅速に行っております。

詳しくはこちら

外科・腫瘍外科

胆石症・胆嚢炎、腸閉塞、鼠経・大腿・腹壁瘢痕ヘルニア、急性虫垂炎、腹膜炎、痔核・痔瘻などの良性疾患及び食道がん、胃がん、大腸がん、膵臓がん、胆道がん等の消化器系悪性疾患に対する外科治療、抗がん剤治療、緩和医療を中心とした幅広い診療を行っております。また患者さんの負担軽減のため、腹腔鏡を用いた低侵襲手術を積極的に取り入れております。

詳しくはこちら