社会医療法人恵愛会 大分中村病院

文字サイズ

リハビリテーション科

リハビリテーション科の特徴

リハビリテーションという言葉は、広義では「全人間的復権」と言われるものから、狭義での「病気やケガの回復の為の訓練」をさすものまで色々な意味を含みますが、当院では後者、つまり医学的リハビリテーションに力を入れていると言えます。
大分中村病院では、病気やケガを負われた方に対し、まずは最善と思われる外科的処置を含む治療を施しますが、それでも状況によっては様々な障害が残るものもあります。それらの方々の精神的・肉体的苦痛を理解しつつ診療に当り、その障害が極力軽くなるよう、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等との連携をはかり、最大限の治療効果を上げるべく努力しています。

関連ページ

リハビリテーションセンター

リハビリテーションセンターには理学療法室、作業療法室、言語療法室があり、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などの専門職が、患者さんに対して原則としてマン・ツー・マンで訓練を行っています。

詳しくはこちらから

リハビリテーション部

当院には大分県下有数のセラピストが所属しています。入院期間全般に渡るきめ細かいリハビリを一貫して提供し、ADL改善や、早期の社会復帰を目指しています。

詳しくはこちらから

医師紹介(常勤医師)

副院長、整形外科部長、
リハビリテーション科部長

七森 和久ななもり かずひさ

専門分野

整形外科、関節外科

資格等

日本整形外科学会専門医
日本リハビリテーション医学会認定臨床医

患者さんへメッセージ

診療の上でのポリシーは“わかりやすい医療”です。わからないことがあれば、どんどん聞いて下さい。