社会医療法人恵愛会 大分中村病院

文字サイズ

泌尿器科

泌尿器科の主な診療

2020年4月に着任し、透析科と泌尿器科部長を兼任しています。2021年12月までに入院診療を行った患者さんは、約6割が救急車で救急搬送された患者さんでした。
当院の泌尿器科では、高齢者の泌尿器科救急疾患(尿路感染症、尿閉、血尿、尿路結石など)を中心に診療をおこなっています。当科で診断された悪性腫瘍は、他施設で治療した場合と同等の治療成績が見込める場合は、診療ガイドラインを遵守し当科でおこなっています。ロボット支援手術などの高度な手術や放射線治療、化学療法などの集学的治療が必要な悪性腫瘍は癌拠点病院を紹介しています。
泌尿器科の医療機器も整備されましたので、受診をお待ちしています。

主な入院診療(2020年4月~2021年12月)

主な救急疾患

尿路感染症
・結石関連急性腎盂腎炎(敗血症性ショック14例、敗血症1例)
・急性腎盂腎炎(敗血症性ショック2例、敗血症4例、単純性17例)
・急性前立腺炎 3例
・急性精巣上体炎 1例
尿閉
・前立腺肥大症 13例
・前立腺癌 2例
・神経因性膀胱 4例
膀胱タンポナーデ
・膀胱がん 2例
・出血性膀胱炎 5例
・前立腺肥大症 2例
・前立腺癌 1例
外傷
・腎外傷(腎裂創:保存的治療2例) ・尿道損傷 1例 ・外傷性精巣破裂 1例
シャント閉塞
12例(人工血管6例、自己血管6例)
腎不全緊急透析
10例

主な手術

(泌尿器科)
前立腺肥大症経尿道的内視鏡手術(TUR-P):26例
前立腺針生検:13例
前立腺癌根治的前立腺摘出術:1例
膀胱腫瘍経尿道的手術(TUR-Bt):15例
膀胱/前立腺出血 経尿道的電気凝固止血:6例
膀胱部分切除+尿管膀胱再吻合(膀胱がん):1例
膀胱全摘+回腸導管造設(男性):1例
膀胱憩室切除+膀胱尿管再吻合(膀胱憩室):1例
経尿道的尿管結石砕石術(レーザー使用):7例(2021年8月開始)
尿管ステント留置:33例(交換含む)
腎がん根治的腎摘:1例
後腹膜悪性腫瘍:1例
陰茎部分切除術+鼠経リンパ節郭清:1例
尿管皮膚瘻造設:1例
膀胱瘻造設:5例
(透析科の主な手術)
自己血管内シャント:16例
人工血管内シャント:6例
シャント血栓除去:8例
シャント仮性瘤血管形成術:4例
内シャント経皮血管形成術(VAIVT):28例
腹膜透析チューブ抜去:2例
透析長期留置型カテーテル留置:3例
*透析患者さんのブラッドアクセス手術は、大分大学医学部附属病院 心臓血管外科 准教授 和田朋之先生に執刀をお願いしています。シャントトラブルの相談も対応しています。
(高気圧酸素療法)
放射線性出血性膀胱炎:4例


(右)大分大学医学部附属病院 心臓血管外科 准教授 和田朋之先生

高気圧酸素療法

骨盤内放射線治療後の出血性放射線性膀胱炎に対する高気圧酸素治療が入院/外来診療で可能です。

尿路結石に対するレーザー砕石装置による手術のご案内

2020年4月、当院に着任し、泌尿器科関連の内視鏡装備は最新のオリンパス社製の内視鏡装置へすべて一新しました。軟性膀胱鏡は、膀胱鏡検査による患者さんの負担軽減に貢献し、膀胱腫瘍や前立腺肥大症に対する経尿道的手術用の切除鏡、モニターの変更で、大きく見やすい術野になり、より安全に行うことができるようになりました。
当科では、2021年8月から尿路結石に対するレーザー砕石装置を用いた内視鏡治療ができるようになりましたので紹介いたします。私が医師になった30年前から尿路結石に対する経尿道的内視鏡手術は行われています。技術革新により内視鏡の細径化とレーザーの性能向上には目覚ましいものがあり、現在では一般的治療として広く普及しています。これまで勤務した施設で使用経験のある機器を当科では用意しました。
軟性尿管鏡は、最も細いオリンパス社製URF-P7、レーザー装置はSphinx Jr.を用います。内視鏡の先端は砲弾型で4.9Fr(直径4.9x3mm)世界最小径となっています。結石までの尿管の挿入が容易となり、狭い尿管を無理やり挿入することを回避できます。
尿路結石の内視鏡手術の入院期間は、特別な合併症がない場合は、3泊4日です。上部尿管・腎結石は全身麻酔、下部尿管結石は脊椎麻酔が一般的で手術時間は90分以内です。
これまでは、尿路結石に対しては診断、対症療法のみでしたが、今後は砕石も可能になりましたのでよろしくお願いいたします。

透析科の主な診療

透析室は、20床です。夜間透析や送迎はおこなっていません。外来維持血液透析40名程度、入院透析5名程度です。
  • 腹膜透析と血液透析の導入、維持管理
  • ブラッドアクセス手術、腹膜透析チューブの挿入/抜去
  • 合併症の手術など入院加療を必要とされる場合は、主治医と協力して入院中の透析医療を提供します。

外来担当スケジュール

※初診の受付は11:00までとなっております。
受付時間
午前 (9:30~)
平田 裕二
    (9:30~)
平田 裕二
(9:30~)
平田 裕二
 
受付時間 午前
(9:30~)
平田 裕二
 
 
(9:30~)
平田 裕二
(9:30~)
平田 裕二
 
『先生は、何曜日に大分中村病院にお勤めですか?』と、よく患者さんから質問されます。毎日、外来診療を行っていないので、そのように感じるのは当然のことと思います。外来診療を行っていない時間は、病棟の入院患者さんと透析患者さんの診察、手術を当院で行っています。他院の勤務はありませんので、泌尿器科の時間外の対応も行っています。
8時30分~
透析
透析/病棟 手術 8時30分~
透析
8時30分~
透析
透析
9時30分~
外来
9時30分~
外来
9時30分~
外来
透析/病棟 14時30分~
排尿ラウンド
16時~
透析カンファレンス
VAIVT VAIVT
8時30分~
透析
9時30分~
外来
透析/病棟
透析/病棟 14時30分~
排尿ラウンド
16時~
透析カンファレンス
手術
8時30分~
透析
9時30分~
外来
VAIVT
8時30分~
透析
9時30分~
外来
VAIVT
透析
*VAIVT(シャント経皮血管形成術)
*水曜日と木曜日は、大分大学医学部附属病院 腎臓内科医師 透析診療があります。
*急患は、その都度対応させていただいています。

医師紹介(常勤医師)

泌尿器科部長・透析部長

平田 裕二ひらた ゆうじ

略歴

1967年生まれ
1992年:大分医科大学医学部卒業
1992年:大分医科大学附属病院 泌尿器科臨床研修生
1994年:大分医師会立アルメイダ病院 泌尿器科医師
1996年:大分医科大学附属病院 泌尿器科助手
2000年:新別府病院 泌尿器科医長
2002年:大分大学医学部附属病院 泌尿器科助手
2006年:大分大学医学部附属病院 泌尿器科助教
2007年:大分大学医学部附属病院 泌尿器科診療講師
2010年:杵築市立山香病院 泌尿器科部長
2013年:津久見市医師会立津久見中央病院 泌尿器科部長
2018年:独立行政法人地域医療機能推進機構 南海医療センター 統括診療部透析センター長、泌尿器科部長
2020年:社会医療法人恵愛会大分中村病院 泌尿器科・透析科部長

専門分野

泌尿器科

所属学会

日本泌尿器科学会、西日本泌尿器科学会、日本日尿器内視鏡学会、日本小児泌尿器科学会、日本透析学会、日本排尿機能学会、日本腎泌尿器疾患予防医学研究会

資格

日本泌尿器科学会泌尿器科専門医・指導医
日本透析医学会透析専門医・指導医

患者さんへメッセージ

2020年4月、着任しました。チーム医療を心掛け、わかりやすい医療を提供します。