社会医療法人恵愛会 大分中村病院

文字サイズ

教育プログラム

教育理念・目標

教育理念

看護専門職人としての人間性や臨床実践能力向上を目指す

教育目標

1
大分中村病院の看護職員としての自覚を持つ。
2
専門職業人として自覚を持ち、看護実践能力を向上させる。
3
相手の立場になって考え、行動が出来る。
4
心と技術を磨き、人間性豊かな看護師として成長できる。
大分中村病院ではクリニカルラダー(看護実践習熟度評価)を取り入れた看護教育を行っています。クリニカルラダー評価表に沿って評価することにより、看護師各自の能力を客観的な視点で評価することができ、さらに個人の目標を明確にすることができます。
今年度の看護学習プログラムは、細やかな指導内容と実践学習を取り入れ充実した内容になっています。今後も社会の変化に対応できる医療・看護を目指し、質の高い看護サービスを提供できる看護職員を育成する必要があると考え、当院はこれからも看護教育に力を入れていきます。

クリニカルラダー使用目的

1
看護師が自己の臨床実践能力を評価し、目標、課題を明確にできる。
2
評価を基に臨床看護実践能力における目標を設定し、努力することで自己の看護レベルを上げることができる。
  • 自分が目標設定し、その達成状況を客観的に自ら設定する。
  • 成長にひとつの区切りをつけ、自らのキャリアを向上させることに役立てる。
  • 評価の結果に自分がどのように主体的に取り組むことができるのかが求められる。
  • 評価するものは、看護師としての成長を支援する。
  • 評価されることが目的でなく、出来ることを評価し、さらに発展させることへのアドバイスをする。

研修風景

電子カルテ

電子カルテ

採血・留置針の穿刺方法

採血・留置針の穿刺方法

食事介助

食事介助

無菌操作

無菌操作

湯布院宿泊研修

湯布院宿泊研修

新人(ビギナー)教育目標

1
第一期(4月)
  • 社会人としての責任を認識し行動できる。
  • 施設の理念の役割を理解し看護師として行動できる。
  • 配属部署の特性を理解し日勤業務を知る。
  • 基本的看護技術の習得を目指す。(日常生活援助)
2
第二期(5月)
  • 患者を一人の個人として尊重した対応が出来る。
  • 安全な医療・看護の提供の視点を持ち、必要時リーダー、指導者への報告ができる。
  • マンツーマンによる看護実践。
  • 基本的な看護技術の習得を図る。
3
第三期(6~8月)
  • 助言を受けながら受持ち看護業務を遂行できる。
  • 自己の役割を理解し、チームメンバーとしての行動がとれる。
  • 部署における機能別業務を指導を受けながら遂行する。
  • 助言を受けながら、行動・行為を振り返ることができる。
4
第四期(9~12月)
  • 患者を受け持ち、看護実践をする(指示受け・報告を含む)。
  • 物品の取扱いに関心を持つことができる。
  • 優先順位を考えたケアの提供ができる。
  • スタッフとして夜勤業務を導入する。
  • 指導を受けながら夜勤業務ができる。
  • 倫理上の問題点について着目でき、ジレンマに陥ったときはリーダー・上司に相談できる。
5
第五期(1~3月)
  • 助言を受けながら、複数の患者の看護ケアの優先度を考えて行動できる。
  • 助言を受けながら、自分の学習課題を明確にでき、レベルⅠへのステップにつなぐことが出来る。

e-ラーニングを活用した
教育システム

当院では、e-ラーニングを活用した教育システムとして「学研ナーシングサポート」を導入しています。
自己研鑽のために研修受講を希望する看護職員が、e-ラーニングを利用することで、個人の都合の良い時間に、最新の看護技術や看護管理の知識を習得することができます。
現在、インターネット配信により基礎取得コース、中堅コース、管理職・チーム医療コース、看護研究コース、院内全体研修コース、看護補助者コースの6コースがいつでもどこでも視聴できる環境にあります。