* * 文字拡大文字縮小
文字サイズ
トップページに戻る
一つ前のページに戻る

胸やけ

*

社会医療法人恵愛会 大分中村病院
大分市大手町3-2-43 〒870-0022
TEL:097-536-5050
http://www.nakamura-hosp.or.jp


■編集:制作室 ■文章作成:2001年3月5日

「胸やけ」って何?

みぞおちから首やあごに向って、灼熱感がこみあげてくる。のどに焼け火箸を入れられた様な感じがする。すっぱい液体や食べ物が、口の中に戻ってくる。
こうした胸やけの症状はありませんか?胸やけは胃酸逆流の典型的症状なのです。健康な人においても食後などには、胃酸が食道へ逆流し再び胃へ戻ることを常に繰り返していますが、この逆流の回数や時間が増えると胸やけなどの症状が出現してきます。この様な病態を胃・食道逆流症と呼んでいます。


原因としては、次のようなものがあげられます。



  • 下部食道括約筋圧低下
  • 食道排泄能低下
  • 唾液による酸中和能低下
  • 過飲食
  • 食道粘膜抵抗低下
  • 妊娠
  • 精神的異常
  • 薬剤
  • 甲状腺機能低下症 など


  • たとえば、下部食道括約筋圧や胃排泄能が低下すると胃酸は逆流しやすくなります。逆流することが多くなると食道排泄能が追いつかなくなり、それだけ食道へ酸がたまりやすくなります。一方、食道の蠕動運動が低下し、食道に逆流してきた胃酸がなかなか胃へ戻らず、そこに長時間停滞しても胸やけなどの症状が起こってくるわけです。

    治療


    薬物療法としては、酸分泌抑制剤と消化管運動促進剤の併用で治療します。しかし、次に述べる日常生活の注意も大切です。
    1. タバコ、アルコールを控える。
    2. 下部食道括約筋圧を下げる食物をさける。(脂肪、て んぷら、フライ、コーヒー、ココア、チョコレート、ハッカ、炭酸飲料、トマト、ジュース、柑橘類、玉 ねぎ、香辛料など)
    3. 過食をさけ、1回の食事量を減らし、回数を多くし、胃排泄時間の短い食事をすすめる。また、就寝直前の飲食はさける。
    4. 前かがみになったり、重い物を持ち上げる作業は胃の圧力を高め、胸やけを誘発します。その他、ベルトやガードルで腹部を締めつけたり、肥満、便秘、さらには怒声をあげることが胃に圧力をかけます。

    胃・食道逆流症は増加傾向にあり、胸やけ等で困っている方が意外と多いようです。自分も当てはまるなと思われる方は、一度診察をおすすめします。

    ページの先頭に上がる