powered by Google
看護部|看護体制|東2病棟のページです
 
 

東2病棟

病棟概要

東2病棟は外科、消化器内科、腎臓内科、糖尿病内科を担当している病棟です。

大分中村病院 東4病棟

近年、がん化学療法を受ける患者数は増加の一途をたどっており、当病棟でも例外ではありません。がん患者及びその家族の苦痛の軽減ならびに療養生活での質の向上、患者の状態が「緩和」できるようにと日々努力しています。

緩和ケアとは何か?
WHO(世界保健機関)は2002年に緩和ケアを以下のように定義しています。
「生命を脅かす疾患に伴う問題に直面する患者と家族に対し、疼痛や身体的、心理社会的、スピリチュアルな問題を早期から正確にアセスメントし、解決することにより、苦痛の予防と軽減を図り、生活の質(QOL)を向上させるためのアプローチである。

一人ひとりのQOLが向上できるよう
これからも東2病棟一丸となってがんばります!

年度目標

1 看護専門職としての役割を認識し、責任のある行動がとれる。
2 笑顔を絶やさず、患者一人ひとりの心に寄り添った看護を提供する。
3 他部門との連携を保ち、お互いの協力体制を作り、チーム医療の充実を目指す。
4 報告、連絡、相談、確認を確実に行うことで事故防止に努める

上に戻る

 
 
Copyright Oita nakamura hospital. All rights reserved.