大分中村病院
powered by Google
私たちについて|大分中村病院創設者・中村 裕|のページです
 
大分中村病院創設者・中村裕について
 

大分中村病院創設者・中村 裕について

大分中村病院は、日本における『障害者スポーツの父』と称され国内外のアスリートたちから今なお親しまれる故・中村裕博士により1966年(昭和41年)12月10日に設立されました。
「国内はもとより、世界の身体障害者特に発展途上国の人々が一般市民と共に生き、身体障害者という言葉がこの世からなくなること」に生涯を賭け取り組んだ中村裕の先駆的偉業は「日本の障害者福祉の歴史に大きな足跡を残した」と讃えられています。

上に戻る

中村裕の略歴と大分中村病院創設の経緯

昭和27年九州大学医学専門部卒業。当時日本では未開の分野であった医学的リハビリテーションの研究に着手。昭和35年「リハビリテーション−医学的更生指導と理学療法」発刊。 同年、英国ストーク・マンデビル病院国立脊髄損傷センターに留学。ルードヴィッヒ・グッドマン博士に出会い、生涯に関わる多大な影響を受けることになりました。
昭和39年東京パラリンピックに日本選手団長として参加。この時、外国選手が職場から参加したのに対し、日本選手の殆どは入院中の患者でした。この“違い”に衝撃を受けたことが、障害者の働く場「太陽の家」設立の契機となりました。また、この時抱いた『患者の社会復帰にはリハビリテーションを積極的に行う病院が必要である』との考えから大分中村病院を創設しました。
1984年(昭和59年)7月、中村裕は57歳で急逝しましたが、創設の志「救急医療からリハビリテーション、更に社会復帰」が当院から滅することはありません。

上に戻る

大分中村病院の未来への挑戦-創設の志と社会貢献-

現在、大分中村病院は「救急医療からリハビリテーション、更に社会復帰」を継承しつつ、時代のニーズをキャッチし、救命・治療・QOLに全力を投じ、地域に密着した中核病院として地域医療に貢献しています。
その一方で、新しい挑戦として、中村裕の信念を引き継ぐ3法人、「大分中村病院」⇔「社会福祉法人 太陽の家」⇔「NPO法人 LESPO international」の連携による最善の福祉事業の構築を目指しています。高齢化が加速する21世紀に対応し、障害者支援と同じように高齢者支援も視野に入れたネットワークの実現に取り組みます。

◇中村 裕 関連サイト
社会福祉法人 太陽の家
中村 裕について、より詳しい情報は上記WEBサイトをご参照ください。

上に戻る

 
 
Copyright Oita nakamura hospital. All rights reserved.